芝生を植えるならつけたい外構と住宅設備

芝生をしくならつけておくべき4つの設備
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  1. 芝生の庭を満喫したい
  2. お金をかけるべきポイントを知りたい
  3. 芝生の庭に関するあれこれを知りたい
目次

芝生の庭と一緒につくりたい外構と住宅設備

今回のテーマは『芝生の庭をより美しくより快適に芝生の庭』を解説します。

これだけは用意したい

①ウッド・タイルデッキ
②物置
③開放的な窓
④水栓・灌漑システム

ウッド・タイルデッキ

芝生のお手入れに必要なモノ・デッキ・開放的な窓

デッキがあると芝生の庭へのアクセスが簡単になります。

もちろん縁側のように段差のある外構でも問題は無いのですが、子育て世代で芝生の庭で遊びたいという目的のある方にはデッキがオススメです。

メリット・デメリットはざっくりこんな感じ

✔動線的に快適
✔デッキの見た目が良い
✔アウトドアリビングとして家の中に開放感

✔素材選び(木・樹脂・タイル)が大変
✔それなりの敷地面積が必要
✔追加費用が必要

関連記事|タイルデッキを快適にする設備


物置

外構 カーポート 駐車場 砂利 地面工事 施工 物置

天然芝を本格的にいじるには、それなりのメンテナンス道具が必要となります。

具体的に言うと、芝刈り機・サッチングマシン・肥料・エアレーター・目砂などなど。

これらは玄関だけに置こうにも結構なスペースが必要です。

であれば、物置を考えた方がよいかもしれません。

また、芝のお手入れ動線的にも庭の横からすぐアクセスできる物置は役立ちますよ。

✔芝生のお手入れ用品をしまえる
✔芝刈り動線が楽になる
✔家自体の坪数は節約できて安くなる

✔大手物置はデザインが一様
✔家の雰囲気と合わない可能性
✔オシャレ物置は高い

物置があった方が良い理由|芝刈りに必要なモノ


物置の種類は色々あります。

有名どころは大手3社(イナバ・ヨド・タクボ)です。

ホームセンターでも実物を見れるほか、amazonや楽天でも購入可能です。

created by Rinker
ヨドコウ(Yodoko)
¥177,800 (2021/08/05 15:39:01時点 Amazon調べ-詳細)

ネット通販でも設置料込みのプランもあるので、モノだけ到着して組み立ては自分という事はないので安心してください。

もちろん、物置くらいを自分で設置できるという方はモノだけ配送というのもO.K.です。

うちの場合は特にこだわりもなかったのでホームセンターで上記モデルのヨド物置を購入しました。

物置の形や色にこだわりたいという方はこんな物置どうですか?

〇三角屋根がかわいいketerの物置

〇ブリティッシュガーデンにマッチする物置

〇フレンチクラシックな物置

s9

ぶっちゃけ、後悔してますか??

共働き夫婦

物置って奥が深い

もう少しこだわって選んでも良かったかも…

開放的な窓

芝生のお手入れに必要なモノ・デッキ・開放的な窓・プール遊び・夏

芝生と合わせて考えたいのが窓。

せっかくお手入れして綺麗になった芝生です。

飽きるまで眺めないのは逆に損というもの。

バーベキューと言わずとも、大きくて開放的な窓を開けての食事はそれだけでおいしく感じます。

子どもたちも普段よりたくさん食べてくれる気がします。

✔大きな窓は開放的
✔デッキに気軽に出て遊べる
✔子供達を家の中から見守れる

✔軒を使って日射取得と日射遮蔽が必要
✔窓の性能が悪いと熱損失する
✔良い景色の窓とは限らない

開放的な窓の注意点はこちら

共働き夫婦のヘーベル日記
開放的で大きな窓の家を建てたい人は必読!購入後の後悔の原因
開放的で大きな窓の家を建てたい人は必読!購入後の後悔の原因大きな窓の家は開放的で魅力的ですが、入居後に思わぬ後悔なんて事も…この記事ではへーベルハウスのフォールディングウインドウに関する4つの記事をまとめて失敗しない窓設...

水栓・灌漑システム

芝生のお手入れに必要なモノ・水まき・水栓

芝生は生き物です。

水がないと枯れます。

とくに植えて1年目の夏は根が浅いので水を切らすと枯れやすいです。

毎日水をまくのは狭い面積でもそれなりに時間がかかります。

この点を全然考えていなかったので、1年目にやらかしました。

一度枯れてしまった芝生

共働き夫婦のヘーベル日記
枯れてしまった芝生を張り替えて1年、素人お手入れで復活した芝生
枯れてしまった芝生を張り替えて1年、素人お手入れで復活した芝生1年目に水不足で枯らしてしまいました。素人なりにお手入れを頑張ってきた2年目の成果をシェアします。芝生にあこがれている方にオススメ、芝生の大変さが気になっている方...

我が家のようなしくじりをしないためにも、水まきの手間がなるべく少なくなるように考えておいた方が良いと思います。

なにしろお手入れは大変、それにかかる時間を節約することが芝生を長く愛する秘訣かもしれません。

水やりは面倒だけど天然の芝生の方が良いよなぁという方もいますよね?

例えば灌漑用のスプリンクラーをあらかじめ地面に沿わせておくというのも外構地面工事で可能です。

こういった外構専門の知識と配慮は、HM外構では限界があります。

一度は地元の外構業者で話をしてプランや見積をもらっておいた方が良いかもしれません。

この辺は家づくりを進めてきた方は肌感覚でわかると思います。

✔芝生の水まきに水栓は必須
✔プール・水遊びにも楽しめる
✔ケルヒャーでデッキ掃除できる

✔灌漑システムは施主が言わないと提案されない
✔後からDIYは結構面倒だったりする
✔やるなら最初から計画したい

『芝生の庭と一緒につくりたい外構と住宅設備』のまとめ

今回の記事はここまで。

芝生を考えている方の参考になりますと幸いです。

まとめ

今回の記事で大事なこと

  • 芝生を楽しむには設備も重要
  • 芝生のお手入れを考えた設備も大事
  • 快適な環境だと芝生に欠ける時間が増える

今回の関連記事まとめ

ヨムオ

お読みいただきありがとうございました

カミサン

ご質問はtwitterの匿名で使える質問箱をご利用ください

芝生をしくならつけておくべき4つの設備

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる